抜歯を回避する治療

LINE

電話でのお問い合わせ 048-790-1230

診療時間
09:30 ~ 13:00 /
14:30 ~ 21:00 /
  • ▲ 9:00~17:00

「岩槻駅」3分

キービジュアル

Menu

たとえ深刻な虫歯でも
抜歯を回避できる
方法があります。

  • 歯茎に埋もれた歯を活かす
    エクストリュージョン法
  • マイクロスコープによる
    精密根管治療

まだ、歯を残せる可能性は残されています

ドクター

他院で抜歯を宣告されたからといって、まだ諦める必要はありません。
抜歯をするかどうかの判断は、診断する歯科医師によって違う場合があるからです。

抜歯をすれば、やはり相応の不便を強いられます。
なんといっても、「自分の歯が残っている」という事実に勝るものはありません。

歯を残す具体的な方法は以下の通りです。

歯茎に埋もれた歯を活かす
「エクストリュージョン法」

エクストリュージョン1

当院が実際にどうやって抜歯を回避しているのか、具体的にご説明します。
まず一つめが「歯茎に埋もれている歯を引っ張り出す」という方法です。

これを「エクストリュージョン法」といいます。
エクストリュージョン法は「歯茎に埋もれている歯を引っ張り出し、被せ物の土台として使う治療法」です。

  • エクストリュージョン2
  • エクストリュージョン2
  • エクストリュージョン2

インプラント等とは違って自分の歯を土台にしているので、噛み心地も自然なものになります。

ただしエクストリュージョン法は適用症例が限られています。
深いところまで虫歯が進行している場合は、抜歯を余儀なくされることもありますのでご注意ください。

再発リスクを軽減させる「マイクロスコープ根管治療」

マイクロスコープ1

マイクロスコープ2

根管治療とは、虫歯に冒された歯の神経を除去する治療です。
一般的に根管治療の成功率はあまり高いとは言えず、治療を繰り返す度に再発しやすくなるというデータがあります。

そのため、根管治療は1回目の治療で完了させるのが理想です。
そこで当院ではマイクロスコープという歯科用顕微鏡を活用しています。

手元を20倍近くまで拡大しながら治療できるため、従来に比べてはるかに精密な治療を実現しています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

048-790-1230

岩槻駅3分

〒339-0057
埼玉県さいたま市岩槻区本町3-9-1

PAGETOP